知識0からでも何ら問題なし!

車一括査定で高く売る3つの手順を

シンプルにお伝えします!

車を売る、というイベントは人生で数回しかありません。

しかし、車を売るためにはいくつかの方法があります。

下取り、個人売買、一括査定、オークション代行、などなど。

どの方法だと一番高く売れるのか?

売る方法が違うと、数万どころか数十万の違いが出ることも当たり前。

車に詳しくないし、今の車がいくらで売れるかわからない・・

 

どうやって自分の車が高く売る方法を見つければいいの?

 

知らない事ばかりで悩んでしまうあなたへ、車を高く売るために必要な3つの手順をカンタンにお伝えします。

当たり前の事のようにも見えます。しかし、これらのことをキッチリおさえることが知識0からでもカンタンに高値で車を売るための最短ルートです。

① 高く売るために必要な情報を知ること

車を売る方法は様々。

でも、一番高く売る方法は一括査定です

さらに高く売ることを目指すなら、

・何月に売るのが得なのか

・査定前に準備すること

・業者との交渉術

などなど、知っておかなければいけないことは山ほどあります。

まずは、

 

 

➁ 売りたい車の相場を調べる

あなたが売りたい車が、お金に換算するとどれくらいの価値があるのか、ご存知ですか?

知らないと、一括査定で売ろうとしても、相場よりも安く売ってしまう可能性が高まります。

でも、車の状態は1台1台違っていて、同じ状態の車なんて存在しませんね。

車の買取価格は車のメーカー、車種、グレード、年式、走行距離、車体色、装備オプションなどなどいろいろな要素によって価値が変動するもの。

でも、相場をカンタンに調べる方法があります。

あなたの車にどれくらいの価値があり、どれくらいで売れるかを事前にチェック。

③ 売る方法を決める

車を高く売るなら一括査定であることはお伝えしましたが、一括査定のサイトごとに特徴や強みがあります。

数ある一括査定サービスの中から、どのサービスを選んで売るか。

その答えとなるように、一括査定のサイトごとに特徴とオススメポイントを整理しています。

 

一括査定で知っておくべき大事な3つの事実

 

 

車の一括査定を利用して車を売る方は、最低限この3つの事実を認識・理解してください。

 

さもないと、高値で買い取ってもらえないどころか、トラブルに巻き込まれてしまうかもしれません。

 

簡単に低リスク!らくらく一括査定ランキング

結論3つの真実を踏まえた上で、「楽に」、「車に詳しくない方でも」、「最小限のリスクで」車を高く売ることができる一括査定サイトは以下の通りです。

 

一括査定の革命児!ユーカーパックは電話が1本しか来ない
少ない電話で楽に高く売りたい初心者向け
①電話のやり取りはユーカーパックとだけ!
➁オークション形式なので、勝手に買取価格が釣り上がる!
③担当者と相談できるので初心者、車に詳しくない人も安心!
カーセンサーの一括査定は自分好みにカスタマイズ可能!
査定業者数を自分で選べる大手買取サイト!
①買取業者の数が自分選べるので安心!
➁自宅近くの買取店を自動表示して楽に選べる!
③リクルートが運営する大手サイトの安心感!

 

 真実① 少しでも高く売りたいなら下取りに出すのは絶対ダメ

あなたの愛車を楽に高く売りたいなら、一括査定サービスを利用することが最短で最速で最善の近道。

一括査定以外の方法では高値買取は実現できません。

車の下取りは楽、でも買取額に関しては最低最悪

車を買い替える場合、ひと昔前まではディーラーに下取りに出すことが一般的でした。

新しい車に乗り替える場合、新しい車の見積額に「下取り」という名目で古い車の買取額を差し引いてもらう形式です。

下取りはとても楽。

新しい車に乗り換えるまで今の車を使うことができますし、面倒な手続きもディーラーに丸投げできます。だから、下取りを選ぶ人も多かったんです。

でも、買取額に関して言えば下取りは「最低最悪」です。

一括査定に出した場合と比べるとかなり低い金額で買い取られてしまうものと思って差し支えありません。

なぜでしょうか。

下取りの買取金額が最低最悪な理由1 比べる相手がいない

あなたが車の下取りを依頼し、ディーラーから提示された額を見たとします。

その際、

この査定額より高くはならない。限界だ。OK!売ろう!

とすんなり言えますか?

 

・・・言えませんよね。

我々は車を査定するスキルも知識もありません。

車種、年式、走行距離、外装や内装の程度から何となく予想することしかできません。下取額を見てYESともNOとも言えない。判断できない。

だから下取りではダメなのです。

下取りの買取金額が最低最悪な理由2 値引きの代わりに使われる

新車の購入時、ディーラーとのやり取りでこういうケースがあります。

結構な額を値引きしてもらったけど、もうひと頑張りしてほしいなぁ・・

 

ディーラーの営業マンがこう答えます。

 

もう限界です。でも、今決めてくれるなら下取りの車の買取金額を上乗せしますよ!

こう言われると、心がぐらつく方が多いでしょう。

この発言は、

本当はもっと新車の価格を値引きできるけど、下取り価格のUPでうやむやにされた。

本当はもっと高い査定額で下取りできるのに、隠されている

という2つの事を告げています。どちらも車を高く売りたいと思っている方にとってはショックな内容なのではないでしょうか。

しかし、これは事実です。

だって、下取りの価格が十分高いなら車の買取業者は存在することはできませんから。

下取りは車の購入と同じ見積の中で交渉が進むことになり、下取り価格は営業マンの巧みな話術と交渉術に利用されている状態なのです。

これでは車の素人が高値買取を実現することはできません。

下取りの買取金額が最低最悪な理由3 新車購入の「ついで」扱い

下取りの目的は、主に新車購入をする時不要になった車を買い取ってもらう事です。

あくまでも、「新車の購入」が目的であり、「車の買取」は新車の購入に必要な1つの手順に過ぎません。もちろん、車を下取りする側としても、下取りはオマケ程度に考えられています。

少し前に書いた通り交渉の材料としても使われる始末です。

一括査定が高く売れる理由は、買取額を比べるから

下取りに対してこのサイトでオススメしている売却方法である車の一括査定では、下取りのように1社ではなく複数の買取業者にあなたの愛車を査定してもらいます。

あなたが車のことはまったくの素人だったとしても、複数の買取業者の査定額(金額)を見てどちらに売るべきか比較することはカンタンですよね?

近年は若者の車離れなんて言葉もありますが、車を必要としている人はいます。

さらに、新車信仰(車を買うなら新車じゃないとダメ!という考え方)が近年は薄れてきたことも追い風となって、中古車の需要は伸び続けています。

あなたの車を買いたいと考えている業者は、あなたが思っているよりもずっと多いのです。

比較しないのはお金をドブに捨てるくらいもったいないことです。

一括査定を使って車を売りましょう。

 

でも、一括査定にはリスクもあります。次はリスクについて説明します。

真実➁ 車一括査定のリスクは意外と多い

高値買取を実現するために避けては通れない一括査定サイトの利用。

査定の依頼も無料、自宅まで来てもらって査定してもらうのも無料とあなたがお金を支払うことなくどこのサイトでも査定依頼をすることができるでしょう。

でも、「タダより高いものは無い」という言葉もある通り、一括査定の申込にはいくつかのリスクが伴います。

重要   車一括査定に申し込むことで発生するリスク
1. 申込ボタンは「個人情報ばらまき」ボタン
2.申し込んで2分で即電話
3.受け身姿勢だと業者にカモられる
4.談合、後出しイチャモン減額などの

リスク1.申込ボタンは気軽に押してはいけない

車一括査定サイトの申込フォームや広告内容を見ると、名前と電話番号、売りたい車に関する情報を入力するだけのシンプルな形式になっています。

車のざっくりした情報とあなたの住所氏名、電話番号あたりを入力して、最後にこのようなボタンを押すだけです。

査定に申込!

シンプルで簡単な申込フォームに油断して軽い気持ちで申込をしてしまうかもしれません。

買取金額がどれくらいになるか知りたいなぁ
ちょっと申込してみようっと
(査定額が知りたいだけ)

 

しかし、事前準備なしで申込しては後悔することになります。

 

なぜでしょうか。

理由は、一括査定では申込ボタンを押した時点であなたの個人情報が複数の買取業者に流れていく仕組みになっているからです。
車の情報だけならまだしも、あなたの名前と電話番号も漏れなく漏れていきます。
企業が取り扱う個人情報は、近年法律も改正されて厳しく厳密に管理されるルールとなっています。
しかし、申込しただけであなたの個人情報が「即座に」「見ず知らずの複数の買取業者に」に一斉送信されることは大きなリスクです。
詳しく一括査定サイトの規約を見ると、個人情報を買取業者に提供することは明記されています。でも、パッと見はわからないことも影響してか、とにかく気軽にやってみて後悔してしまうケースが多いです。
とにかく、無計画で車一括査定の申込はNGです!
愛車の査定額を見たいだけ、何となく、など軽い気持ちで申込ボタンを押すのは無駄に個人情報をバラまいてしまいます。

どのサイトで一括査定を依頼するか決めてから申込ボタンを押しましょう。
このサイトでオススメしている一括査定ランキングはこちら

リスク2.申込直後から電話が鳴り続ける

一括査定を申し込むと、すぐに買取業者からの電話がかかってきます。

冗談ではなく、本当に、本当にすぐにです。

ネットで申込ボタンを押してから1分2分の世界です。以下の情報(Twitter)を見ると信じていただけるかと思います。。

リスク①でも説明しましたが、一括査定サイトで申込を行うと即座に個人情報が買取業者に引き渡されます。

各買取業者は、あなたの個人情報(と売りたい車の情報)を見ることができるので、あなたの実車を見て査定する予約を取り付ける電話をかけてきます。

でも、どうしてそんなに急いでかけてくるのでしょうか。

 

理由は簡単です。

一括査定は「複数の買取業者で競って高値で売る」サービスです。

買取業者としては、何としても査定に参加しなければなりません。せっかく車を売りたい人の情報を手に入れたのに、査定の予約が取れなければ意味がありません。

(補足)買取業者は、一括査定サービスにお金を支払い、車を売りたい人の情報を受け取っています。
査定の予約すら取れなければ、払ったお金が丸々損になってしまいます。
だから、他の業者よりも早く査定予約を入れるために電話を急いでかけているのです。

この電話攻撃は車一括査定を利用する上では避けて通れない道です。

しかし、最近はこのリスクを軽減してくれるサービスを提供している一括査定もあります。

本サイトのランキングでオススメしている車一括査定は、どれも電話一斉攻撃のリスクを下げてくれるものを選んで紹介しています。

電話攻撃のリスクを最小限にできる一括査定ランキングはこちら

リスク3.攻めの姿勢で交渉が必要

車一括査定で買取金額を釣り上げていく秘訣は、業者同士に価格を競わせることです。

言葉で書くと簡単ですが、実際に競わせるのにはあなたの積極的な交渉が必要になります。

例えば、あなたがA、B、Cの3社を競わせるために一括査定でそれぞれ実車を査定してもい、買取金額を提示してもらったとします。

A社 100万円

B社 120万円

C社 査定中

という状況で、C社が110万円を提示してきたらあなたは次にどうしますか?

 

B社が一番高いからB社に売却?

B社が一番高いのでB社で決定!としたいところですが、それでは車一括査定を利用する意味がありません。

査定額が出揃ってからが車一括査定での交渉のスタート地点。ここから各社に競わせる調整をあなたから各社に連絡しなければいけません。

まずは一番安いA社に交渉を持ち掛けます。

さて、ここであなたはA社にどういう交渉を持ち掛けますか?

 

「別の会社(B社)が120万の見積だったので、もっと高くならないか?」とか?

 

 

 

結論から言うと、このような交渉ではうまくいきません。

具体的な金額をこちらから言ってしまうと、買取業者に足元を見られてしまうからです。

A社はきっとこういう回答をしてあなたに決断を迫ってくるでしょう。

 

120万円ですか。なるほど。B社も頑張っていますね。
確かにこれが限界ですが、今すぐに決めてくれるなら上司に掛け合って125万円にしますよ。今すぐ決めてください!
(・・本当は125万でも十分利益出るけどね)

 

あなたはこれまで見た中で最高の買取金額と、「今すぐ決めてくれれば」という誘い文句につられてA社と契約してしまうかもしれません。

しかし、それではダメなのです。

B社が一番高い査定額であれば、A社、C社と交渉する必要があります。

A社がB社よりも高い査定額になれば、B社、C社とさらに交渉する必要があります。

あなたが主体的に攻めの姿勢で交渉し、最後の1社以外が諦めるまで続けなければ、本当の意味で車を高く売ることはできません。

さらに、あなたは具体的な金額を言ってはいけません。先ほどの例のように足元を見られて不利になるからです。

交渉事に慣れていない方はなかなか難しいかもしれませんね。

 

タフな交渉事に自信が無い方は、「オークション形式」の一括査定サイトを利用する方が安心できます
オークション形式では、業者同士が勝手に競い合うことになるので交渉をする必要がありません。

 

交渉事が苦手でも大丈夫な一括査定ランキングはこちら

 

リスク4.一括査定に潜む罠

車一括査定のサービスは1990年代から始まった、比較的新しいサービスです。

これまでは下取りが主流だった時代に、より高値で売れる手段として定着してきました。

しかし、このような流行の影にトラブルの発生も少なくないことを認識してください。

独立行政法人の国民生活センターにも自動車の売却に関するページがあります。

(1)解約・解約料に関する相談
契約当日、引き渡しもしていないのに解約できない。
契約書に記載された以上の解約料を請求された。など
(2)強引な買い取り
クーリングオフできるからとの虚偽説明で契約を強要された。
売ると言っていないのに車を持って行かれた。など
(3)広告に関連する相談
車の価値を見るために査定サイトを利用したら、しつこい勧誘がある。

(以上は、下記サイトより抜粋して記載)

増加する自動車の売却トラブル−震災後の自動車不足を背景に、強引な買い取りや解約トラブルが−(発表情報)_国民生活センター

一括査定を利用する方は一度目を通しておいた方がよいです。

真実③ 買取の上限額は絶対に決まっている

 

ここまで、リスクを最小限にとどめて一括査定で車を高く売る方法について説明してきました。

一括査定で車を売ろうとしている人に、大事な事を1つお伝えします。

 

どんなに努力しても車の買取上限額は既に決まっています。

 

どんな方法を取ろうとも、どれだけ時間をかけて交渉を粘り強く行っても、一括査定で「最高値で買い取ってもらう」のは上限額は最初から決まっています。

車を高く売ると言っても、決して買取額が天井知らずで上がっていくことはありません。

その理由をこれから説明しますね。

買取された車は業者オークションに出品される

下取りにしろ、車一括査定にしろ、引き渡された車のほとんどは「業者オークション」なるものに出品されます。

業者オークションは、全国各地で開催されており、中古車を購入したい「中古車の販売業者」や「中古車の海外輸出業者」が参加して中古車を購入します。

販売中の中古車は、この業者オークションを経由して販売業者が仕入れているものと思ってもらって間違いありません。

買取業者は、業者オークションで落札された金額と、買取金額の差額で利益を上げています。

販売業者は、業者オークションで落札した金額と、販売金額の差額で利益を上げています。

 

つまり、理論上の買取上限額は、その車の業者オークション相場の額です。(=買取業者の利益が0)

実際は、買取業者は利益が0だとボランティアになってしまうため、オークション相場よりも少しでも安い買取金額でないと車を買い取ることはしないでしょう。

査定額をアップする交渉 = 買取業者の利益を削る交渉です。

だから、買取金額が青天井に上昇していくことはありませんし、買取業者もあの手この手で少しでも利益をたくさん取る(=買取金額を安くする)ように考えています。

だから、素人が無理に高値買取を要求したり、長時間粘って交渉することは時間の無駄です。

 

慣れない交渉を長期間やるよりは、少ない手間でなるべく高い金額を目指したほ方が現実的ですし、精神衛生上もよろしいです。

 

少ない手間で一括査定のメリットを受けたいなら「オークション形式」の一括査定サイトを利用する方法があります。

オークション形式の一括査定は決められた時間の中で業者同士競い合うことになるので、あなたは手間暇かけずに待っているだけで査定額が勝手に釣り上がっていきます。

 

手間がかからない一括査定ランキングはこちら

業者オークションに一般人が入れないのは、入られては困るから

ここまででお察しの方もいらっしゃるかもしれませんが、この業者オークションの相場が分かれば、車一括査定の交渉でとても有利になれると思いませんか?

 

買取業者がどれぐらいまで買取金額を上げることができるかを予想できるようになると、買取業者の利益(買取金額と業者オークション相場の差額)を限りなく0に近づけるまで買取額を釣り上げる交渉ができるからです。

しかし、残念ながら我々一般人が業者オークションで取引されている相場を知ることはできません。

車買取業界全体のタブーになっています。車を売る、買う一般の人が相場を知ってしまうと、買取業者も中古車販売業者も利益が大幅に減ってしまいます。

一括査定サイトでも、買取額の概算は一括査定の申し込みをした後でないと確認できない所がほとんどです。

これも、相場を知られてしまうことをガードしているためと考えられますね。

 

高値買取を目指すこと = 業者オークションの相場を目指すこと

先ほど申し上げた、「買取金額の上限は決まっている」というのは、業者オークションを通して中古車が買取から販売へと流通するルールがあり、業者オークションで取引される車には相応の相場が決まっているからなんです。

車一括査定で買取をする業者が、業者オークションに出品する前提で考えると、相場よりいかに安く買い取るかが利益の多少に影響します。

一方、

 

一括査定でどんなに時間と労力をかけても、買取の上限額が大きく上振れすることはありません。
あなたの時間も有限で貴重なものです。折り合いをつけた利用方法を考えてみましょう。

 

時間をあまりかけずに上限額を目指せる一括査定ランキングはこちら