車一括査定の仕組み どうして高く売れるのか?に回答します

「車の一括査定」は、車をとにかく高く売りたいと考えてネットを検索した方であれば一度は聞いたことがある言葉でしょう。

一括査定を使って一番高値を出した業者に売れば高値で車が売却できる!(広告も〇〇万円高くなったと実例が書いてるし、もしかしたら俺の車も・・浮いたお金で何しよう、ムフフ)

 

この方のようなイメージをお持ちの方は危険です。

 

一括査定の特徴やメリット、デメリットを最低限知っておかないと、買取業者にいいようにカモられてしまい、高値で車を売ることができません。まずはどういう仕組みで高値で売れるのかを理解しましょう。

(忙しい方向け)サマリ
・一括査定は複数の買取業者に(一括査サイトを経由して)査定依頼できるサービス
・複数の買取業者に価格を競わせるから、高値で売れる
・一括査定サイトの役割は依頼者と買取業者をつなぐこと
・買取業者は一括査定サイトにお金を払って査定依頼情報を入手している

一括査定で車を売る流れはとても単純

車の一括査定サービスはとても単純な構造です。あなたは3つのSTEPを実行するだけです。

STEP1.一括査定サイトに買取希望を出します。
STEP2.あなたの車を、複数の買取業者が査定します。
STEP3.複数の買取業者の中で、査定額が一番高い業者に売却します。

たったのこれだけです。

それぞれのSTEPを少し細かく説明していきます。

一括査定サイトは買取業者を束ねる存在

STEP1.一括査定サイトに買取希望を出します。

一括査定サービスを成立させるためには、あなたが車を買い取ってほしいという意志がある情報を複数の買取業者に知らせる必要があります。

普通に考えると、査定してほしい業者に連絡をするのですが、自分の車を買い取ってくれるかどうかもわかりませんし、複数の業者にいちいち連絡するのも面倒ですよね。

ここで便利なのが一括査定サイトの存在です。

一括査定サイトには有名どころの車買取業者が名を連ねており、一括査定サイトで一度買取希望と車の情報を入力するだけで一括査定サイトからあなたの自宅付近で、買取してくれる業者に連絡してくれるようになっています。

一括査定サイトに入力が必要な情報は、車の情報に加えて、住所、氏名、電話番号といった個人情報になります。

住所が必要なのは、一括査定会社からどこの買取業者が近くて情報を渡すべきかを選定するためなんです。東京にある車を売るのに、北海道の買取業者に情報を渡す必要はありませんからね。

近くにある買取が可能な業者に情報を渡して査定をやってもらうという仕組みになっています。

一括査定サイトの役割は、あなたと買取業者を効率的(手間を少なく)に繋ぐことです。

複数の業者で買取金額を競せるから、高く売れる

STEP2.あなたの車を、複数の買取業者が査定します。

一括査定を通して買取希望の情報が複数の買取業者に通知されます。一括査定のサービスでは、買取業者からすぐに(ほんとうにすぐです)連絡が来るようになっています。

一括査定サイトで登録する車両情報は、車種、年式、走行距離ぐらいのとてもざっくりした情報のみですので、実際の買取金額を出すために業者が実車を見せてくれという流れになります。

ディラーラーの下取りと違って、複数の買取業者に査定してもらうことことが高値買取のポイントになります。(下取りについては2時限目で掘り下げます)

複数の買取業者を相手にすることになりますが、面倒くさがらずに対応する必要があります。このひと手間が面倒な人は下取りを選択するので、結局損をすることになります。

どうして買取業者ごとに査定額が違うのか?

こんな疑問が浮かぶ方もいるかと思います。

 

なんで同じ車なのに買取業者によって査定額が違うの?

 

どの買取業者でも査定額が同じだと、一括査定のサービスは成り立ちません。査定業者によっては同じ車でも違った査定金額が出てくるのには、いくつかの理由があります。

理由その1:車を買いたいという本気度が違う

あなたが売りたい車の買取価格相場が100万円だったとします。

買取業者はその車を100万円支払って買い取ってから、その車をどこかの誰かに売ることで利益を得ます。

買取金額が小さいほど、買取業者の儲けは大きくなります。買取業者が本当に買いたい場合は利益を限界まで削ってでもライバルに勝てるように高い金額を提示してきます。110万円を提示してくる業者もいるでしょう。

逆に、あまり買取の意欲が無い業者の場合は「買えたらラッキー」程度の査定金額を出してくる可能性も大いにあります。本気じゃないと、買取金額も自然と渋くなり、90万円を提示してくるdしょう。

「本気の業者」と「本気じゃない業者」を比較して「本気の業者」を見定めて高く買ってもらうのが一括査定サービスのポイントです。

理由その2:買取業者の規模、資金力が違う

買取業者と一口に言っても、ラジオやテレビでCMをバンバン打てるような大企業もあれば、そうでない企業もあります。

大企業で資金力があれば、利益が多少目減りしても数をこなすことで利益を出すことができます。つまり、多少は買い取ってもらう側から見ると「甘い査定」になる可能性があります。

一方で、規模が小さな買取業者では少数の買取でしっかり利益を出す必要があるので、そうなるとなかなか渋い金額しか出せないということになります。

ただし、有名な買取業者の方がどんな車でも高値で買い取ってくれる、とはいかないのが車買取の難しいところなんです。

広告を打っているような企業=資金力があるとは必ずしも言えません。巨額の広告費のせいで買取金額の限界が圧迫されているかもしれませんし、広告費をあまり払っておらず、ネット上のサイトだけで宣伝しているような買取業者の方が資金に余裕があるかもしれません。

買取業者の資金力や限界金額は、素人の私たちは知りません。
そういった意味でも複数の買取業者に査定してもらうことの重要性は理解できるかと思います。

 

 

理由その3:査定した結果の個人差

もちろん、車の査定をするのは人間なので個人差があります。

傷やヘコミがあると査定額を下げますが、その幅にも多少なりとも個人差があります。

この理由が査定額がブレる一番の要素にも見えますが、実際はそうではありません。買取業者が査定に来た時には、買取業者はある程度の買取金額の相場を知っています。

高い査定額が出たら、その業者に売る

STEP3.複数の買取業者の中で、査定額が一番高い業者に売却します。

複数の買取業者から査定額を出してもらって、あとはあなたが一番高い査定額を出した業者を選んで車を売ればOKです。

一括査定サイトの売り文句としては、「10万~20万の差が出ることもあります」と書かれていることが多いですが、売る車によってはそこまでの差が出ないかもしれませんし、もっと差が出ることもあります。

ともあれ、「100万で買い取る」業者よりも「120万で買い取る」業者に売る方が、絶対にお得であることは明白です。

一括査定の魅力は買取価格が高いところを選んで売れること。1社だけに絞って車を売ることに比べると、高値で売れる確率は圧倒的に上がります。

 

 

一括査定サービスに加入している買取業者は、一括査定サービスにお金を支払って参加しています。

買取業者が一括査定サービスに加入するメリットは、車を売ってくれる人の情報を効率的に入手できるからです。

お金を支払うことで情報は入手できますが、車を買い取って利益を上げないと買取業者は損をしてしまいます。だから一括査定に加入している業者は高い査定額でライバルに負けないよう意識する必要があります。

これが一括査定で高額買取が実現できる仕組みです。

最後に

サマリです。

・一括査定は複数の買取業者に(一括査サイトを経由して)査定依頼できるサービス
・複数の買取業者に価格を競わせるから、高値で売れる
・一括査定サイトの役割は依頼者と買取業者をつなぐこと
・買取業者は一括査定サイトにお金を払って査定依頼情報を入手している

コメント