車の一括査定 買取業者との交渉する際のコツとポイントは?

一括査定の難所、買取業者の営業と対決

一括査定の買取業者との交渉は、高値を目指すなら避けて通れません。

相手は車の事や、相場の事、これまでも幾多の買取を行ってきたプロの営業です。

営業は車よりも車を売る人を見るという言葉があるぐらい、車だけでなくあなたの事も値踏みされていると思っておいた方が良いです。

押しに弱そうなタイプだな、とか、気弱そうだな、とか思われたら最後、イケイケのトークですぐに売ってくれ、という圧が強い営業を迫られるかもしれません。

手ごわい営業だと、ウソの話と本当の話を混ぜて会話してくることもあります。査定額のような部分だけは本当で、これを正当化するためのウソを会話に紛れ込ませ、合見積をやめさせ、即決に持ち込もうとする手段ですが、これが厄介で素人では見抜くのも難しい、到底太刀打ちできません。

こんなプロを相手に、高値を勝ち取るためのコツはあるのでしょうか?

あります。

言葉で書くとカンタンですが、実際に実行するのは難しいのです。しかし、このコツを忠実に守れば対等、それ以上に交渉を進めることが可能です。

営業マンに屈せず対等に交渉する3つのコツ

その1 買取希望(目標)の金額を絶対に言わない

このサイトで私は、車を売る際にどれくらいの査定額になるかを事前に調べる事を勧めています。

でも、その金額を営業マンに教えてはいけません。絶対にダメ。言ったら負け戦です。

なぜでしょうか。

買取希望金額を伝えるということは、それより高い金額を提示されたときに断る理由が無くなってしまいます。

営業マンは演技も上手なことでしょう。買取希望金額でも全然余裕で利益が出る場合に、こんな言い方をしてきます。

その金額は中々厳しいですね。。(ウソ)
でも、ちょうどこんな車を買いたいとおっしゃってる方もいらっしゃるんです。(ウソ)

うーん、でも今決めてくれるなら上司に掛け合って買取希望額にあと10万上乗せしますよ。(これは本当)

これならバッチリでしょ?今決めるなら10万プラスですよ。決めましょう!ほかの業者さんならここまでサービスしませんよ。損しちゃいますよ。早く早く!

 

買取希望金額にプラス10万という言い方をされると、こちらが拒否しにくくなり、相手のペースになってしまいます。

こちらがいくらで売りたいかを絶対に言わない強い意志が必要。
言ったら負けぐらいの覚悟。
言ったら足元見られて終わります。

 

その2 下手に出ない、妥協しない

車を売る際の主導権は、車を所有しているあなたにあります。

あなたが売らないと決めれば、営業マンもあきらめざるを得ません。

どんなに相手かが即決を求めても、今決めれば査定額上乗せすると言われても誘いに乗る必要はありません。

相手に変な同情を見せたり、下手に出る必要はありません。

どうしてもこの車を買取したいんです。今月のノルマがこれで達成できる(ウソ)からぜひご協力を・・ノルマのために、赤字覚悟(ウソ)で10万上乗せします(これは本当)から他社に持って行かず、ぜひ売ってください。。

 

 

(あーこの人も営業マンでノルマあるのかぁ。かわいそうだな。額も上乗せしてくれてるし、面倒だからここに決めていっかー)

これでは相手の思うつぼです。決めた後に営業マンはニンマリしているでしょうね。

 

営業マンもあの手この手で揺さぶりをかけてくる可能性もありますが、主導権はあなたにあることを交渉中は常に意識してください。

主導権は売る側にあることは常に意識する
営業マンに下手に出たり、同情することはNG

その3 価格交渉は出そろってから順番に振るいにかける

一括査定で最高の買取価格を出すためには、買取業者同士で競わせる必要があります。

競わせる(交渉)するのは、査定を依頼したすべての業者から査定額を出してもらった後に始めてください。

3社なら3社、5社なら5社の査定額が勢ぞろいしてから交渉を開始します。

理由は2つあります。

1つは、手間を減らすこと。揃っていない状態で交渉を開始してしまうと、あとから提示してきた業者が交渉結果よりも高い査定額を出す可能性があって、そうなると交渉が無駄になってしまいます。

もう1つの理由が大事で、相手が金額を出す前に交渉を始めると談合を招く可能性があるからです。

例えば、3社に査定を依頼したとします。(A,B,C)

さらに、A、B、Cは異なる業者ですが、同じエリアを担当するのでよく競合する営業同士で、顔も連絡先も知っている場合に談合のリスクがあります。

Aが100万の提示額を出したとして、B、Cがまだ出していない状態です。

AがB,Cに「〇〇という人(あなた)の査定依頼来てる?」と尋ね、B,Cは依頼が来ているがまだ査定額は提示していないと答えます。

そこでAが談合を持ち掛けます。

A「じゃあ今回は無駄な消耗を避けるためにこちらで110万で買い取るよ。」次回はBだっけ、よろしくー

B,C「了解ー、こちらは105万とかで提示しとくよ」

こういった形で本来は競わせることで査定額を釣り上げる一括査定のメリットが全く失われてしまう可能性があります。

交渉は査定結果がすべて出揃ってから始める事
出揃う前の個別交渉は無駄どころか損になる可能性も

最後に

最高額を目指すなら、相手がプロだろうが何だろうが対等に、いや、それ以上に交渉を上手に進める必要があります。

上記3つのポイントを到底守れそうにない、、と自信が無い方は、

買取業者との交渉が不要な一括査定サービスを利用を検討してみてはいかがでしょうか。

一括査定のタフな交渉は不要で、下取りよりも高い買取額を実現することも十分可能です。

 

コメント